2007年06月19日

蓮池門旧址

■蓮池門旧址(れんちもんきゅうし)とは
兼六園の正門を前にすると、「特別名勝兼六園」と刻まれた石標が建っています。かつては大きな番所があり、三十人頭と呼ばれる役人が守っていました。

当時は門に命名者である奥州白河藩主松平定信筆の「兼六園」の額が掲げられていたといわれています。
この松平定信筆の「兼六園」の額ですが、現在は石川県伝統産業工芸館に保存されています。

・関連記事
水泉・眺望
人力・蒼古
宏大・幽邃
築庭以後:兼六園の歴史
明治以降:兼六園の歴史
posted by onuma at 02:56| 兼六園の見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。