2007年07月13日

夕顔亭

■夕顔亭(ゆうがおてい)とは
夕顔亭(ゆうがおてい)は、安永3年に建てられ、今なお当時のままの姿を今に伝える茶亭です。
瓢池(ひさごいけ)の東岸に位置し、蓮池庭にあった四亭の一つです。
また、その美しい名は、茶室内の壁にしつらえられた夕顔の透彫りから名付けられたといわれています。

本席は小間ながら、本格的な茶の湯が催せるようになっています。

posted by onuma at 17:35| 兼六園の見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。